相続分(そうぞくぶん)

相続人が複数いる場合に、各共同相続人が相続財産を承継する割合のことを相続分といいます。被相続人は遺言によって各共同相続人の相続分を指定することができ、これを指定相続分といいます。指定がない場合は、民法の規定に基づいて定められ、これを、法定相続分といいます。