特別代理人(とくべつだいりにん)

相続人の中に未成年者や被後見人がいる場合に、その者の親権者や後見人も同じく相続人に該当する場合には、特別代理人を選任しなければなりません。それは、利益が相反してしまい、不公平が生じるからです。
それぞれ親権者、後見人は家庭裁判所に特別代理人の選任の請求をしなければなりません。