遺言(いごん)

死後の法律関係を定めるための最終意思の表示をいい、日常用語では「ゆいごん」と読むことが多いようです。その最大の役割は、遺産について被相続人の意思を反映させることで、遺言がない場合は民法に定められている法定相続分に従って相続が行なわれますが、遺言を作成しておくと、遺産の全体または個々の遺産を誰に引き継がせるかについて自らの意思を反映させることができます。
また、遺贈の方法により、相続人以外の者に遺産を与えることも可能です。ただし、それが有効であるためには、民法に定められた方法で行わなければなりません。
(種類)
自筆証書遺言・・・遺言書の全文(日付と氏名を含む)を遺言者が自筆で記述して押印する
公正証書遺言・・・遺言内容を公証人に確認してもらってから公正証書にする
秘密証書遺言・・・遺言内容を秘密にして公正証書にする

※「遺言」と「遺書」の違い「遺言」は法定の厳格な要件を備えた法律的に効力を持つ文書です。一方「遺書」は、亡くなる前に自分の気持ちなどを家族や友人に書き記したもので、法的な効力を求めていないため所定の様式はありません。