代償分割(だいしょうぶんかつ)

遺産分割において、特定の相続人が自分の相続分以上の財産をもらう代償として、他の相続人に金銭を支払うという分割方法です。現物分割や換価分割が好ましくない場合などにこの方法をとります。