遺留分(いりゅうぶん)

兄弟姉妹以外の法定相続人に法律上確保されている相続財産の割合です。
遺留分の割合は、直系尊属のみが法定相続人の場合は法定相続分の3分の1、それ以外の場合には法定相続分の2分の1です。