遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)

遺留分を侵害された相続人が、贈与又は遺贈を受けた者に対して、遺留分を侵害された分を限度に、相続財産の返還を請求することをいいます。
遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知ったときから1年もしくは相続開始のときから10年で消滅します。