物納(ぶつのう)

相続税を金銭で納付することが困難で延納もできない場合に、不動産などの財産を現物で納付することを物納といいます。物納に充てることのできる財産は、国債、不動産、株式などに限定されています。