特別受益(とくべつじゅえき)

被相続人から生前に大学の学費を出してもらったり、結婚に際して多額の持参金をもらったり、事業を興すのに資金を出してもらったり、あるいは遺言により遺産を貰うことになった特別な利益をいいます。
何も貰っていない相続人からみると不公平になりますので、共同相続人間の公平を図るため、特別受益を受けた場合は、持ち戻しを行った上で相続分を計算することになります。