限定承認(げんていしょうにん)

相続によって取得した財産の限度においてのみ、被相続人の残した債務について責任を負うという条件付きで相続を承認するというものです。
相続財産のうち消極財産が積極財産を上回っている場合には、相続の放棄をすればよいのですが、消極財産と積極財産のいずれが多いか不明の場合には、限定承認をする意味があります。この限定承認の手続きは、相続人全員で、家庭裁判所へ相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に申し出をしなければなりません。ちなみに上記期限内に申し出をしなかった場合は、自動的に単純承認したものとみなされます。