成年後見人(せいねんこうけんにん)

判断能力が不十分となった方(認知症の高齢者、知的障害者、精神障害者など)本人の権利を法律上保護するために、家庭裁判所により選任されます。本人の意思を尊重し、かつ本人の心身の状態や生活状況にも配慮しながら、必要な代理行為を行うとともに、本人の財産を適正に管理していくのが後見人の仕事です。