相続放棄(そうぞくほうき)

相続開始によって生じる相続財産に係る一切の権利義務の承継を相続人が拒否することを相続放棄といいます。相続放棄をすれば、相続人としてのすべての権利を失い、義務をまぬがれることになります。相続放棄の手続きは、相続開始を知った日から3カ月以内に家庭裁判所に申立てしなければなりません。
相続放棄は、財産より債務の方が多いとか、相続に伴うトラブルには関わりたくない場合におこなうことが多い手続きです。相続放棄をすると、その人は初めから相続人でなかったものとみなされます。よって、同順位の相続人がいるときは、その人の相続分が増え、また、同順位の相続人がいなくなれば、次順位の者が相続人となります。