第4話 相続分

相続分とは、相続人が複数いる場合に、各相続人が相続財産を取得する割合のことをいいます。

この相続分には、「指定相続分」と「法定相続分」があります。

被相続人は、それぞれの相続人の相続分を遺言によってあらかじめ指定することができ、これを指定相続分といいます。被相続人の意思を反映するものとして優先的に従わなければならない相続分です。

では、遺言がなくて、相続人が複数いる場合には、相続財産はどのように分けたらよいのでしょうか。この場合、相続人の間で話し合って、お互いの相続分を決めることとなりますが、ここでひとつの目安となるのが、民法で定められている相続分です。これを法定相続分といいます。必ずしもこの法定相続分どおりに、相続財産を分けなければならないというものではなく、相続人の意見の一致(遺産分割協議)があれば、法定相続分と異なる割合で相続財産を分けることはできます。

法定相続分は、誰が相続人になるかによって次のとおり具体的に定められています。

(1)配偶者と子が相続人である場合

配偶者の相続分も子の相続分もともに2分の1です。子が複数いるときは、子の相続分2分の1を均分します。ただし、嫡出子と嫡出でない子がいるときは、嫡出でない子の相続分は嫡出子の2分の1となります。

(2)配偶者と父母(又は祖父母)が相続人である場合

配偶者の相続分は3分の2、父母の相続分は3分の1です。父母が複数いるときは、父母の相続分3分の1を均分します。

(3)配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合

配偶者の相続分は4分の3、兄弟姉妹の相続分は4分の1です。兄弟姉妹が複数いるときは、兄弟姉妹の相続分4分の1を均分します。

 

ただし、特定の相続人が被相続人から生前に贈与を受けている場合や被相続人の財産の維持や増加に特別の貢献した相続人がいる場合などは、別の規定がありますのでご注意下さい。