第3話 相続人

人が亡くなったときに、誰が亡くなった人(被相続人といいます)の財産を相続することができるのでしょうか。

相続人については、民法で財産を相続する人とその順番を決めています。

その民法で決められた相続人のことを「法定相続人」といいます。

法定相続人とは?

法定相続人になれるのは、被相続人の配偶者・子・父母や祖父母・兄弟姉妹です。配偶者は法律上の婚姻関係がない場合(内縁)は法定相続人になることはできませんのでご注意を。

まず、被相続人に配偶者がいれば配偶者は必ず相続人となります。さらに配偶者がいてもいなくても、被相続人の子・父母や祖父母・兄弟姉妹がいれば、その人たちも相続人になりますが、相続人になれる順番が決まっています。

第一順位:子 被相続人に子がいる場合は、たとえ父や母・兄弟姉妹がいたとしても子だけが相続人となります。ここでいう子とは、血のつながりのある子だけではなく、養子縁組をした子や正式な婚姻関係にない人との間に生まれた子(認知している場合)や胎児も含まれます。
第二順位:父母か祖父母 被相続人に子がいない場合は、父母が相続人となりますが、父母が両方ともすでに亡くなっていて祖父母がいるときは祖父母が相続人となります。
第三順位:兄弟姉妹 被相続人に子もなく父母や祖父母もいない場合は、兄弟姉妹が相続人となります。
ただし、相続人が被相続人より先に亡くなっている場合には、別の決まりがあります。それを「代襲相続」といいます。

代襲相続とは?

第一順位の子が被相続人より先に亡くなっている場合には、子に代わって孫が、さらに孫が被相続人より先に亡くなっている場合にはひ孫が・・・と無限に相続人になります。この考え方は第三順位の兄弟姉妹も同様ですが、第一順位の場合と異なり、代襲は無限ではなく兄弟姉妹⇒甥・姪の1回限りとなります。